今度は。。

多度津の現場。

畳をはがしたら、“炉” が出てきました。

炉とは、畳の一部を切って床下に備え付けた囲炉裏のことです。

お客さまが茶道をしているのを知っていたかのよう。

 

“炉”を使うのは、11月から4月頃までの冬季。

5月から10月までの夏季は炉を閉じて、畳の上で使うことを“風炉”といい、

冬に使う炉はお客様が温かくなるよう近くに、夏に使う風炉は、お客様から遠いところに、と

配置も変わるそう。和のおもてなしの心ですね。

年中風炉でお点前をすることもできるそうですが、炉があれば、より季節を感じることが

できるのですね。

 

家中舎が樹工舎で茶道。のイベントをする日も近いですね。

 

最近の記事

Instagram

PAGE TOP